営業マンブログ

野球観戦

2017年10月13日 代表取締役  渡邉 均

こんにちは!代表の渡邉です。
弊社の営業マンブログをご覧いただきありがとうございます。
私もたまにですが投稿いたしますのでご覧いただければ幸いです。

さて、9月24日に当社が応援させて頂いております千葉ロッテマリーンズ、井口選手の引退試合の観戦(対  日本ハムファイターズ)に行って参りました。試合は1対3のまま9回裏2アウト、井口選手が同点2ランを放ち延長戦に入り4-3で勝利しました。
昨年から観戦用の席に改装されたバックネットの特別観戦エリア、マスターズドリームシートで観戦させて頂き井口選手の現役最後の試合、そして最後のホームランを目の当たりにして、とても感動致しました。
井口選手のような偉大な選手がまた一人、球界から引退していく事はとても残念ですが、これからの益々の活躍を期待したいと思います。また、マリーンズも今シーズンは残念な結果で終わりましたが来季の活躍を期待したいと思います。

『井口選手、感動をありがとう!』

当社の熱血営業マンもこれから益々お取引の皆様のお役に立つよう取り組んで参りますので宜しくお願い致します。

井口選手の引退試合はこちら

電子マニフェスト

2017年10月6日 営業部 リーダー  福島 政則

営業部 福島です。

今年もあっと言う間に10月です。朝晩の寒暖差に体調を崩されている方も多いのではないでしょうか?こんな時こそ体調管理を徹底したいものです。

さて、今回は意外に知られていない「電子マニフェスト新機能」についてブログにて紹介します!昨年のダイコー事件をきっかけに、電子マニフェストの機能強化が促されています。

2017
6月からリリースされた機能ですが、
①契約書と電子マニフェストの整合性チェック
②積保でないのに有価物拾集量欄に記入があった場合の警告がされるようになりました。

①は、事前に排出事業者が登録した契約書情報と違う内容の
マニフェスト情報を登録したらNG(登録不可)になります。
排出事業者様が入力間違いを教えてくれる、ということです。

ただ、これが不適正処理や横流し防止になるとは思えません。
最初に、義務でもないのに排出事業者が、事前に細かな設定をする必要がありますし、そもそも中間処理業者に到着した後の横流しを防ぐ機能ではありません。まじめな排出事業者にとっては、違反を未然防止する機能としては使えますが、電子マニフェストのASP事業者のサービスでも同様のことが出来るため、全く新しい機能とは思えません。

②は積替え保管の際に、有価物を抜き出して売り払った場合に
記入するための欄に、中間処理業者が記入したら「入力方法が違うよ」と教えてくれるものです。ダイコーが中間処理なのに、転売の際に正直に入力していたからできた機能ですね。もちろん、この機能があったとしても、ダイコーは入力不要だということに気付いただけで、不適正処理を防ぐ機能にはなりません。

結局は現実世界と電子マニフェストへの入力内容を強固に連携させる
仕組みがないと、虚偽の記入などいくらでもできるのです。現場を知っている人間には、そんなことは当たり前なのですが、ダイコー事件で、現場を知らない人でも分かりやすく
実証されたのです。

 

私は思います。では廃棄物業者を選定する際に何をもとに取引したら良いのか?様々な観点があると思いますが、「人」で選ぶ。非常にバカっぽく思われますが、廃棄物処理業は「信用・信頼」で成り立っており、「誰に・何を・どのように」のキーワードを大切にする以外

に根本的な不正行為の改善はないと思います。

また、現実と電子マニフェストを強固に連携させる具体的な方法には、ICタグの導入や、GPSとドライブレコーダーと工場入り口の監視カメラを連動させてAiが常時監視するとか、IoTを活用するとか、幾つかの方法はあります。

実際、電子化が進めば進むほど、そのようなシステム投資の効果は上がるでしょう。システム(電子サービス)も良いのですが、今だからこそ!人・人間にクローズアップするべきだと思います。

 

私は現在経営塾に入塾し、廃棄物について勉強させて頂いています。様々な情報交換や業界動向をいち早く取り入れお客様へ届けさせて頂きます。

宇宙の廃棄物

2017年9月29日 営業部   上松 亮太

はじめまして。営業部の上松と申します。

先日に娘から、「宇宙人って朝はパン派?ご飯派?」って聞かれました。笑

そこで宇宙に関する記事を見ていたらこんな記事を見つけました。


みなさんは「スペースデブリ」という言葉をご存知しょうか。地球上の環境はもちろん、実は宇宙にも環境汚染がひろがっているのです。


打ち上げ続けて古くなった人工衛星やロケットの残骸。それが「スペースデブリ」です。

秒速8㎞のスピード(東京から大阪まで1分くらい)で、10㎝以上の物だけで約23000個あり

レーダーで捉えきれない物を含めると1兆個とも言われているんです。

このまま放置を続けると人工衛星を打ち上げても破壊されてしまい

最悪地上に落下してきます。天気予報も予測不能になります。

そうなると、我々の次世代が危機にさらされてしまいますね。


これを除去する為に世界でただ一社だけ、しかも日本の企業が動いているのです!(かっこいい!)

スペースデブリを磁力や粘着剤で引き寄せそのまま大気圏まで持って行き摩擦燃焼させる。

こうする事で宇宙のデブリが塵となり消えてしまうわけですね。


このように環境問題とは、人が生み出し蓄積された結果なのです。後始末も人がやらなければいけません。

こうした見えない所に目を傾け、そして次世代に繋がるアイディアがないか日々探しつづけながら活動させていただいております。


お客様からのアイディアもあれば是非お待ちしております!地球の環境を支えましょう!


宇宙人がパン派かご飯派かわかりませんが、私はパン派です。

以上、上松からでした!

はじめまして!

2017年9月22日 営業部   稲葉 麻美

はじめまして!

営業部の稲葉です。
4月に入社致しました新卒営業マンになります。
運転も初心者の為営業所周辺などは自転車で周っております!
精一杯頑張って参りますので宜しくお願い致します!

さて、先日はご契約頂けたお客様の現場の方々に
ご挨拶も兼ねた打ち合わせに行って参りました。
弊社のドライバーがしっかり回収できるよう、また
現場の混乱も避けるため入念な打ち合わせを行って参りました。

現場の方がとてもお優しく沢山の元気を頂きました。
私も元気を与えられるような営業マンになりたいです!
初回の回収に向けてしっかりと準備をしていきたいと思います!

これからも、もうしばらくは残暑が続きそうです。体にはくれぐれもお気をつけください。


はじめまして

2017年9月15日 営業部   金子 仁美

はじめまして!

営業事務の金子仁美です。

私は入社してもう少しで1年を迎えます。

月日の流れはとても早く感じますね。

この業界は初めてでまだまだ分からないことも多く勉強の毎日です。

そして丸幸にとっては、9月は決算月です。

先日、9月に行われた営業会議では、この1年間を振り返り10月から何を目標にするのか、何を徹底するのか、その為にはどうすべきかなど、更なるお客様の満足度向上に繋がるサービスについて考える会議になりました。

また、先日に営業部でご飯に行きました。営業会議での反省点や、営業会議にて決まった会社目標・個人目標をお酒を飲みながらフランクにお話することが出来、最後には相談会になっていました。

このような場があると自分には無い考え方に触れることができるので、みなさんの良いところを盗んで、

もっともっと成長していきたいと思いました。

これからの季節、朝夕冷え込んでまいりますのでお身体にはお気をつけください。

水銀廃棄物の取り扱いについて

2017年9月7日 営業部   西戸 修

こんにちは!営業部の西戸です。
営業マンブログがいよいよ再起動しました。
『継続は力なり』と言いますが、私自身物事を続けることが苦手な
営業部一丸となって続けられると良いなぁと思ってます。

さて、今回のテーマは『水銀廃棄物の取り扱い』についてです!
皆様既知の事と思いますが
平成29年10月1日から水銀使用製品が廃棄物になった時の処理方法が細かく規制される事となります。
そもそも、うちは水銀なんて扱っていないから関係ないよ。なんて思われるかもしれませんが
実は蛍光管やボタン電池にも水銀は含まれています!
その為、排出事業者は保管の際に
①飛散、流出又は揮発の防止の為の措置
②高温にさらされないための措置
③腐食防止措置
以上3点の措置が必要となります。
もちろん私達も収集・運搬・処理の際には注意して行いますが、排出事業者の協力も今まで以上に
必要となってくると予想されますので、御依頼の際には是非ご協力の程よろしくお願い致します!

再開早々、真面目な話になってしまいましたが、ブログ再開のタイミングがちょうど
1ヶ月前という事もあり、記載させていただきました。
先月の8月23日には、社内で水銀廃棄物についての勉強会が行われました。写真がその時の風景です。
今後は営業マンの日常や丸幸ってどんな会社か?などについても記載出来ればと思っておりますので、乞うご期待下さい!

営業マンブログ、週1回更新します!

2017年9月1日 営業部 リーダー 福島 政則

こんにちは。営業部の福島です。
9月に入って、急に涼しくなってきましたね。今日は営業会議で、社長をはじめ丸幸の営業マンが集まり今後のアクションについて打合せをしています。

営業会議の中で出たテーマで決まったことが1つ!
もっとたくさんの情報を皆さんに発信していこうということです!

営業部では週に1度のブログの更新を再スタートさせることになりました。営業部全員で持ち回りで担当していきます。
今日は決意のブログ!今後ともよろしくお願いします!


         普段はお客様の前で一生懸命情報提供しています⇒

有価物について

2016年3月10日 営業部 リーダー 福島 政則


こんにちは。朝晩が寒くなり、肌寒い日が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。僕自身、体調を崩しやすいタイプなので、この時期は徹底して自己管理に徹しています。

今回も廃棄物について書きたいと思います。今回のテーマは「有価物」について。なぜ今回このテーマにした理由があります。それが、数多くのお客様がこのモノは「買い取り」でしょう!という言葉を営業マンに投げかける場面を見たり、実際あったりもします。

では有価物の定義は?というと・・・・。

「売却代金と運搬費を相殺しても、排出側に収入があるか否か」というものが、判断の大きな目安となっています。 【平成17 年3 月25 日環廃産発第050325002 号第4】

ここで大切なのは「運搬費」です。必ず引取に行く場合には費用が発生してしまいます。この費用とそのモノの売却代金の差額が有価物になる・ならないかの境界線になります。

という事は、引取に行く所が近ければ近いほど有価物として扱える・高く買い取れるというのが現実です。但し、弊社は数多くの協力業者様・車両・回収ルートがあるため広範囲で有価物の御提案が出来ます。(限界・限度はありますよ(^_^;))

現在というより今後は有価物へという流れが主流になると営業していると肌で感じています。この流れに抜かされないように常に新しい情報を取り入れ、排出事業者様のお力になれるよう今後も努力して行きます。

最後の丸幸のソフトボール部の写真をどうぞ★なかなか試合で勝てないけど皆で楽しんで活動しています!

わたしたちの業務について
エコ・ファクトリー神々廻りの森
ペットボトルリサイクル
採用情報
お問合せはこちらTEL:0120-538-051

 許可情報 

一般廃棄物収集運搬業許可
千葉市 第42号、鎌ケ谷市 第1-8号、野田市 第18号、八千代市 第7号、白井市 第4号、印西市 第23、習志野市 第01-020号、柏市 第20号、袖ヶ浦市 第19号-2、東金市 第34号、大網白里町 第8号、九十九里町 第14号、成東町 第16号、本埜村 第13-2号、浦安市 第21号、山武市 第16号、我孫子市 第15号、流山市 第19号、市川市 第63号、松戸市 第63号、栄町 指令第9号

産業廃棄物中間処理許可
千葉県 第01220008101号

産業廃棄物収集運搬業許可
千葉県 第01200008101号、東京都 第13-00-008101号、埼玉県 第01107008101号、茨城県 第00801008101号、横浜市 第05600008101号

特別管理産業廃棄物収集運搬業許可一覧
千葉県 第01200008101号、東京都 第13-00-008101号、茨城県 第00801008101号